カウンタ

COUNTER473546
柏市立西原中学校

平成31年度(令和元年度)は創立41周年目になります!これまでの歴史を大切にしつつ、
来る創立50周年(令和10年度)に向けて、新たな一歩を踏み出す1年にしていきます!!  
●メインテーマ「学び続ける西原中(授業の品質・オーダーメイド教育・地域と共にある学校)」
 

西原中学校

柏市立西原中学校 *創立 昭和54年4月1日
 〒277-0885  千葉県柏市西原6-13-1
 TEL:04(7154)3232  
 FAX:04(7155)4216
  東武野田線(アーバンパークライン)
  初石駅から徒歩15分

 

柏市の市標と学校の近景

    昭和29年11月21日制定
正門の松と桜の木々
 

検索

フォトアルバム

フォトアルバムH31

作成されているアルバムがありません。
掲載されている記事・情報・写真・図表などは無断転載を禁止します。
著作権は柏市立西原中学校に属します。
 

リンク

千葉県教育委員会 
学力向上 
家庭学習のすすめ 
柏市青少年相談員連絡協議会 
親力アップ!いきき子育て広場 
ITアドバイザーオンラインホーム 
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。

 

授業&行事


2019/06/07

林間学校第1日 6月9日(日)

| by 西原中学校職員室
  今日から始まる林間学校に期待をもち、重い荷物を抱えて集合してきた生徒たちは6時半から校庭で出発式に臨みました。実行委員長の宮口美帆さんからは、「協力して林間学校を成功させましょう」とリーダーの自覚を感じる話がありました。

5台のバスは東京自働機械製作所柏工場のご厚意で、その敷地内に待機させてもらい、7時にバスに乗車完了し、山梨県に向けて出発しました。日曜日ということもあり、都心の混雑はありませんでしたが、中央高速道路の談合坂サービスエリアのトイレ休憩時は、一般客のバスや乗用車が駐車場いっぱいでした。そのあたりから暗い雲よりしとしと雨が降り出しました。

河口湖インターで一般道に入り、濃い霧のたちこめる富士山五合目に到着しました。ここから登山の準備を整え、宝永火口(標高2693m)までの往復登山を行いました。このあたりは過酷な条件で木が生えている「森林限界」になっており、途中からまったく気がない溶岩だらけの道になります。火口の底には人の背の高さの数倍もある溶岩がゴロゴロしており、300年前の江戸時代の噴火の威力が感じられました。

登山は足元がすべりやすく、空気も薄い上、気温が10度前後という条件で、生徒たちもさすがに最初は元気でしたが、次第に真剣な表情から必死の形相になってきました。特に途中の峰は幅が狭く、そのすぐ脇は断崖絶壁となっており、緊張感が漂っていました。無事に下山し、少し遅い昼食をバスの中で食べました。

その後、またバスに乗り西臼塚という小さな火口へも1時間程度のハイキングを行いました。ここは標高1000mでしたので、一つ一つが巨木であり、足元にはみっしりと緑のコケが生えており、まるで「ジブリの世界」でした。

夕方5時半にホテルに入り、入館式、バイキング夕食、キャンプファイヤーとスケジュールをこなしました。特に生徒が楽しみにしていたキャンプファイヤーは、1組が団結の火、2組が情熱の火、3組が希望の火、4組が友情の火、5組が努力の火にちなんで、クラスごとに誓いの言葉を絶叫し、フォークダンス「オクラホマミキサー」「マイムマイム」を楽しく踊り、最後は「コスモス」を学年で合唱しました。生まれて初めてのキャンプファイヤーだった生徒も多くいて、興奮気味に「感動しました」との感想がありました。


15:32