カウンタ

COUNTER472619
柏市立西原中学校

平成31年度(令和元年度)は創立41周年目になります!これまでの歴史を大切にしつつ、
来る創立50周年(令和10年度)に向けて、新たな一歩を踏み出す1年にしていきます!!  
●メインテーマ「学び続ける西原中(授業の品質・オーダーメイド教育・地域と共にある学校)」
 

西原中学校

柏市立西原中学校 *創立 昭和54年4月1日
 〒277-0885  千葉県柏市西原6-13-1
 TEL:04(7154)3232  
 FAX:04(7155)4216
  東武野田線(アーバンパークライン)
  初石駅から徒歩15分

 

柏市の市標と学校の近景

    昭和29年11月21日制定
正門の松と桜の木々
 

検索

フォトアルバム

フォトアルバムH31

作成されているアルバムがありません。
掲載されている記事・情報・写真・図表などは無断転載を禁止します。
著作権は柏市立西原中学校に属します。
 

リンク

千葉県教育委員会 
学力向上 
家庭学習のすすめ 
柏市青少年相談員連絡協議会 
親力アップ!いきき子育て広場 
ITアドバイザーオンラインホーム 
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。

 

お知らせ7

給食費と消費税増税について
 現在柏市の中学校では、給食費として1食330円を徴収し、生徒へ安全でおいしい給食を目指して提供しています。

 御存知だと思いますが、この330円はすべて食材等の購入に充てられ、調理委託業者(人件費を含む)や施設設備の維持費・電気ガス等の光熱費の支払いは、市が負担しています。

 尚、来月からの消費税増税(10%)に伴い、他の自治体では給食費を値上げしているところ(乳製品や小麦粉の値上げや野菜や果物、魚などの生鮮食品の高騰の影響も大きい)もあるようです。しかし柏市からは当面の値上げの話は聞いておりません。ただ今後は、食材自体は軽減税率が適用される見込みですが、配送に伴うガソリン代や消耗品などの関連物には影響があるかもしれません。
 食材も学校と複数の業者との間で年間契約を交わし、今年度末まではこのままでいく予定です。ただし、食材によっては始まってみないと値段の上昇について未確定な面もありますので、来月以降の実施状況を本校栄養士を中心に見守り、市とも情報交換していくつもりです。


生徒会役員選挙が公示されました

 2年生と1年生による新しい生徒会役員を下記のように選出します。

 

緊急情報

明日(14日)の体育祭、よろしくお願いいたします。
・体育祭実施に関し、花火を鳴らしたり、連絡網を使用することはありません。

・駐車場は用意していません。また、路上駐車も近隣の方への迷惑となりますので、おやめください。

・敷地内は全面禁煙です。また、正門・裏門付近での路上での喫煙もマナーの面からご遠慮ください。

・プログラムの時刻は予定です。天候等事情により順序変更や進行時間が前後することもありますので、ご了承ください。

・応援席への立ち入りはできませんので、よろしくお願いいたします。

・生徒の昼食は原則、教室ですが、家族と一緒に食べる場合には、担任に朝のうちにお申し出ください。

・昼食時のみ、体育館を開放します。ゴミはお持ち帰りください。

・閉会式後、テント等の片づけをお手伝いいただけると助かります。


本日(12日)、体育祭予行練習を行います。

 予行練習は、出場する各種目の練習もありますが、むしろ裏方の係活動(決勝審判、招集、用具、得点、放送、救護等)が当日うまく動けるようにするために欠かせないものです。
 環境省の「暑さ指数(
WBGT)」に関し、「熱中症予防情報サイト」では、今日の柏市周辺は、一日を通して、「注意(25℃以下)」で「警戒」までにならないようです。また天気予報では、気温は30度で日差しはあるものの湿度が下がり、蒸し暑さは減る予報です。
 午前中の早い時間に詰め込んで行い、始まりましたら30分以内の1回の休憩を設定していく予定です。
 ただ、念のために「水筒」「タオル」「帽子」等を必ず持たせてください。
 尚、今日の登下校は制服ではなく、体操服のままでけっこうです。
 ご協力をお願いいたします。

暑さ対策を行います。

 環境省発表の「暑さ指数(WBGT)」では、

「警戒(積極的に休憩)」・・25~28

「厳重警戒(激しい運動は中止)」・・28~31

「危険(運動は原則中止)」・・31以上

となっています。

 環境省のホームページで柏市周辺の今日の予報をみると、正午までは「警戒」、その後「厳重警戒」となるようです。

 そこで本日は授業の予定を変更し、1~3校時(9時05分~11時25分)に体育祭練習を行い、給食をはさんで4校時と5校時は教室等で授業とします。


水筒の持参を必ずお願いします。

  本校のグラウンドは大変水はけが良く、朝まで台風の雨が降っていてもすぐに使用でき、11時から体育祭練習を行うことができました。しかし水筒を持ってきていない生徒が多く、一方で体調不良で保健室に行く生徒も複数人出てしまいました。

 熱中症予防には細目に水分を補給することが一番ですので、練習の合間に休憩時間を多く設定しています。明日からの練習には、必ず水筒を持ってくるようにお願いします。

本日の登校は安全最優先でお願いします。

  台風15号が通過し、学区内でも電線が切れたり、信号が止まったり、倒木が道をふさいだりしているところがあります。

 10時15分の登校にこだわらず、生徒の安全が確認できたら登校してください。

現在の時点で給食は実施しますので、ご了承ください。


 

お知らせ6

第41回体育祭プログラム



 

お知らせ5

 

申し訳ありませんが、訂正をお願いします。
 朝にアップした台風への対応の件ですが、下記のように訂正をさせていただきます。
 よろしくお願いいたします。


風雨が急に強まる可能性があります 

 台風15号は比較的小さいため、今後接近とともに雨や風が急激に強まるので、早めの台風対策が必要だと報道されています。ただ、接近や上陸のタイミングはまだ不確定な部分があり、今後変化する可能性があるので、最新の情報をこまめに確認するようにしてください。
 本日配付の文書です。


全国学力・学習状況調査の結果分析について
 4月に実施した全国学力・学習状況調査の結果が送られてきました。概要は、
 国語・・全国平均正答率と比較すると、本校3年生徒の平均正答率はほぼ同等
 数学・・全国平均正答率と比較すると、本校3年生徒の平均正答率はほぼ同等
 英語・・全国平均正答率と比較すると、本校3年生徒の平均正答率は上回っている 
 この結果と柏市学力・学習状況調査の結果を総合して、授業の質の向上と個別指導の充実に努めていきます。


ぜひ体育祭にお越しください

 昨年の体育祭は猛暑対策で、前日に開会式を行ったり、短縮プログラムでできるだけ閉会式を早めにしたりと例年にないスケジュールになりました。
 今年は昨年度よりも実施日を1週間遅らせていますので、極端な時間短縮は考えておりませんが、場合によっては生徒の健康面を優先させた変更もありますことをご了承ください。
 「生徒の躍動する姿は、どんなに感動する映画よりも心を打たれる」と昨年の地域の方の感想がありました。

 

お知らせ4

暑さがもどってきそうです(まだまだ熱中症対策が必要です)
 夏季休業中に5つの特別教室へのエアコン設置が終わり、2学期から使用を開始します。
 また、体育祭に備えて生徒玄関からグラウンドに出る軒下及びピロティに、ミストシャワーを設置しました。これは業者へ依頼したのではなく、西原小の白鳥先生のお父様にボランティアでつくってもらいました。西原小も5月の運動会で、このミストシャワーが活躍したのを聞いたので、無理を言ってお願いしたものです。9月はまた猛暑になる予報もありますので、十分に活用していきます。






本校生徒の「見える学力」について
 前述の4つのCは、各教科の学習の前提となる大切な能力です。しかしそれはどちらかと言うと「見えない学力」または「非認知能力」と言われるもので、ペーパーテスト等で測定することはできず、しかも日々変化しているためたやすく評価することはできません。
 下記の調査結果分析も、あくまでも4月時点での「瞬間風速」的な結果に基づいており、本校生徒のありのままの姿を反映しているとはいえません。これを鵜呑みにするのではなく、あくまでも参考として、今後の授業について考える材料として扱っていくのが正しいのだと思います。



本校生徒の「強み」と「弱み」について

 この夏季休業中を利用して、4月に実施した柏市学力・学習状況調査の結果を分析しています。本校生徒全般では普段から、「人の気持ちがわかるようになりたい」「人の役にたちたい」と考えている生徒が多く、学習についても「新しいことを知ったりできたりすることがうれしい」「わからないことがあっても人に聞いたり自分で調べたりする」と回答している生徒が多いのが「強み」です。
 一方で、「自分にはよいところがあると思えない」「自分と身近ではない人とはコミュニケーションをとりたがらない」のが「弱み」といえるかもしれません。





柏市学力・学習状況調査の「生活・学習意識調査」の質問項目です。それぞれ4段階(あてはまる・どちらかと言えばあてはまる・どちらかと言えばあてはまらない・あてはまらない)で回答して、結果が示されます。


先生方も日々学んでいます
 教育における憲法といわれる「教育基本法」という法律があります。その第九条に「学校の教員は、自己の崇高な使命を深く自覚し、絶えず研究と修養に励み、その職責の遂行に努めなければならない」とあります。
 この夏季休業中、本校の職員もあちこちで開かれている研修会に参加し、刻々と変化する教育界の状況を捉え、国内外の教育思想や考え方について、その背景や全体像、特質を理解することを目的に学んでいます。
 生徒に学ぶことの大切さや楽しさを伝えるためには、まず教員自身が新しい知識や技能と向き合いながら、自分を高めていく姿をみせていくことが一番だと考えています。
 次の表は、柏市が教員向けに開催している研修講座の一部です。


千葉県総合体育大会へ出場します
 先日まで行われた柏市総合体育大会(県大会予選)を突破した次の1団体、8個人が参加します。応援お願いします。
 水泳競技は7月20日(土)、21日(日)千葉県国際総合水泳場で行われました。陸上競技は27日(土)千葉県総合スポーツセンター陸上競技場、ソフトボールは同じく27日(土)千葉公園野球場で試合があります。



夏休み中の学校電話対応時間をお知らせします
 明日19日の終業式後、20日から生徒は夏休みになります。教員も原則的には出勤していますが、総体の応援や各種研修会で校外にいることもあります。下記の時間帯には、必ず日直の教員がいますので、何かあればご連絡ください。
 それ以外は、緊急連絡先までお願いします。教頭から校長、関係職員へ連絡を流します。よろしくお願いいたします。



夏休みのパトロールでお世話になります
 毎年、夏休みに青少年健全育成推進協議会(会長:畔上善昭 様)が中心となって、学区のパトロールをしていただいております。生徒の安全を地区の皆さんで配慮していただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。


8月2日(金)PTAバレーボール大会の応援をお願いします

 令和元年度のPバレーの大会は下記のような組み合わせになりました。西原中は昨年度も東葛大会まで進出しています。会場は柏市中央体育館です。試合開始予定は12時ですので、熱い応援をお願いします。



7月20日(土)本校で「子ども食堂」を開催します

 下記のように、今月の20日(土)、NPO法人「木の住まいを創る会(代表:本校鈴木道貴PTA会長)」主催の子ども食堂を行います。希望者には美容師さんがボランティアで髪も切ってくれます。お気軽に参加してください。

学校内への刃物(カッター・ナイフ等)の持ち込みは禁止です

 先日、埼玉県の中学校2年の男子生徒が同級生から刃物で刺されて死亡したという事件がありました。亡くなられた被害者の中学生に対し、心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

報道によりますと、「以前に教科書を隠されるなどしていた」「2人は日頃から仲の良い関係であった」「普段は仲が良くても、時には悪い時もあった」「2年から同じクラスになってから関係が悪化した」などとありますが、それ以上の詳細は不明です。

本校でも同じような人間関係のこじれやトラブルは日常的にあります。そのような場合、担任だけでなく学年職員や部活動顧問等、学年を超えて教員が話を聞いたり、保護者に連絡したりして対応をしています。しかし学校がすべてを把握しているとは思っていません。もしかすると保護者や教員が知らないところで、膠着した人間関係からトラブルに発展していることもあるかもしれません。

 保護者の皆様におかれましては、そのような現状をご理解いただき、お子様が本当に心を許せるのはだれで、日頃からどのような会話をしているのか等、アンテナを高くしてもらいたいと思います。特にスマホが「ブラックボックス」のようになっていて、SNS上の目に見えない関係をそのままにしておくのは、危険性が高いと思います。

 本校では以前から安全面を考慮し、生徒のカッター等の刃物類の持参を認めておりません。ご家庭でも確認をお願いいたします。


特別教室を中心にエアコン設置工事をしています

 これまで普通教室の他は第一音楽室のみエアコンが入っていましたが、下記の教室に合計5基のエアコン設置のため、先週から業者の工事が始まりました。残念ながら1学期中は完成しませんが、夏休み明けの9月から使用する予定です。

 第一技術室 第二わかば 第二家庭科室 第一美術室 4階学習室


7月5日(金) 授業公開・保護者会のご案内
 13:20~  受付(生徒玄関)
 13:35~14:25 授業公開(各教室)
 14:30~14:45 帰りの会 
 14:45~15:15 保護者会全体会(体育館)
 15:30~      学級懇談会(各教室)

授業参観(授業者・授業のめあて)

ヒトは「身体」を介して他者から学習する存在です
 京都大学教授の明和政子氏は著書「共同養育が人類のスタイル」の中で次のように言っています。

 「模倣、つまりマネすることは、ヒトの知性と文化を成立させるために極めて重要な能力です。マネすることは、効率の良い知識・技術の習得方法であり、ヒトの文化の特徴と言えます。新生児は生まれながらに他者の表情を模倣する能力をもっていて、これは『新生児模倣』と呼ばれます。『新生児模倣』の能力は、チンパンジーにもありますが、ヒトもチンパンジーも生後2カ月で能力は消えてしまいます。そのあとがヒトとチンパンジーの違いです。ヒトはその後、身体全体を使った模倣をするようになりますが、チンパンジーはしません。
 さらに成長が進むと、ヒトは他者の行為をそのまま模倣することはやめて、その行為の意味を理解して行動する『目的志向的行為』が現れてきます。これが現れたということは、『他者は自分とは異なる心をもつ存在』」あることを理解していることを示しています。」
 今の時代、基本的な知識はインターネットでも十分に得られますが、本当の学びは「人対人」で成立し、知識と五感を働かせた体験が有機的につながり、「いつでも使える知識」にすることが大切だと感じました。


大地震や豪雨等の災害に対しての備えについて
 6月29日(土)に、西原地域ふるさと協議会が主催し、「災害時における学校と地域の連携」をテーマにワークショップを行いました。ワークショップは参加者が10人前後のグループに分かれ、それぞれのファシリテーター(司会者)を中心にテーマについての意見を交換し、模造紙に出た意見の柱を構造化して、発表し合うという「学び」のかたちです。

 当日は各町会・自治会の代表、十余二小・西原小・西原中の各校長、流通経済大学付属柏校の教頭が参加し、活発な意見交換がありました。災害(大地震や豪雨等)が発生後、3時間以内に学校内に対策本部が設置され、住民の避難や避難所設置を検討します。当初は校長を中心として動きますが、校長は早期の学校再開の検討も行う必要があるため、その運営を徐々に行政の担当者や地域の代表者へ任せていきます。少なくとも3日後には学校での授業を再開していくことが大切であるという話し合いの結果になりました。

 災害は起きてほしくはありませんが、絶対に起きないとはだれもが言えない状況ですので、今から備えておくことが欠かせないと思います。また実際に昨年の西日本でおきた集中豪雨災害では、その危険を知らせて町内を走りまわったり、泥かきなどの復旧の作業に中学生が大活躍をしたと聞いています。生徒にはまずは自分の命を自分で守り、次にできるところから自分の体を使ってほしいと話しています。