カウンタ

COUNTER473593
柏市立西原中学校

平成31年度(令和元年度)は創立41周年目になります!これまでの歴史を大切にしつつ、
来る創立50周年(令和10年度)に向けて、新たな一歩を踏み出す1年にしていきます!!  
●メインテーマ「学び続ける西原中(授業の品質・オーダーメイド教育・地域と共にある学校)」
 

西原中学校

柏市立西原中学校 *創立 昭和54年4月1日
 〒277-0885  千葉県柏市西原6-13-1
 TEL:04(7154)3232  
 FAX:04(7155)4216
  東武野田線(アーバンパークライン)
  初石駅から徒歩15分

 

柏市の市標と学校の近景

    昭和29年11月21日制定
正門の松と桜の木々
 

検索

フォトアルバム

フォトアルバムH31

作成されているアルバムがありません。
掲載されている記事・情報・写真・図表などは無断転載を禁止します。
著作権は柏市立西原中学校に属します。
 

リンク

千葉県教育委員会 
学力向上 
家庭学習のすすめ 
柏市青少年相談員連絡協議会 
親力アップ!いきき子育て広場 
ITアドバイザーオンラインホーム 
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。

 

お知らせ3

これまでも校内にカッター等の刃物の持ち込みは禁止しています
 先日、埼玉県の中学校2年の男子生徒が同級生から刃物で刺されて死亡したという事件の報道がありました。亡くなられた被害者の中学生に対し、心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

 現時点では、「以前に教科書を隠されるなどしていた」「2人は日頃から仲の良い関係であった」「普段は仲が良くても、時には悪い時もあった」「2年から同じクラスになってから関係が悪化した」などとありますが、詳細は不明です。

 本校でも同じような人間関係のこじれやトラブルは日常的にありますが、その際は必ず、担任だけでなく学年職員や部活動顧問等、学年を超えて教員が話を聞いたり、保護者に連絡したりと対応しています。しかし、もしかすると教員が知らないところで、膠着した人間関係からトラブルに発展していることもあるかもしれません。

 保護者の皆様におかれましては、そのような現状をご理解いただき、お子様が本当に心を許せるのはだれで、日頃からどのような会話をしているのか等、アンテナを高くしてもらいたいと思います。生徒のスマホが「ブラックボックス」のようになっていて、SNS上の目に見えない関係をそのままにしておくのは、危険性が高いと思います。

 また、以前から学校には刃物(ナイフやカッター等)は持ち込まないように指導しています。ご協力をお願いいたします。


特別教室を中心にエアコン設置工事をしています

 

 

 

 これまで普通教室の他は第一音楽室のみエアコンが入っていましたが、下記の教室に合計5基のエアコン設置のため、先週から業者の工事が始まりました。残念ながら1学期中は完成しませんが、夏休み明けの9月から使用する予定です。

 第一技術室 第二わかば 第二家庭科室 第一美術室 4階学習室

7月5日(金) 授業公開・保護者会のご案内
 13:20~  受付(生徒玄関)
 13:35~14:25 授業公開(各教室)
 14:30~14:45 帰りの会 
 14:45~15:15 保護者会全体会(体育館)
 15:30~      学級懇談会(各教室)

授業参観(授業者・授業のめあて)R1 第3回授業参観学習課題.pdf


ヒトは「身体」を介して他者から学習する存在です
 京都大学教授の明和政子氏は著書「共同養育が人類のスタイル」の中で次のように言っています。

 「模倣、つまりマネすることは、ヒトの知性と文化を成立させるために極めて重要な能力です。マネすることは、効率の良い知識・技術の習得方法であり、ヒトの文化の特徴と言えます。新生児は生まれながらに他者の表情を模倣する能力をもっていて、これは『新生児模倣』と呼ばれます。『新生児模倣』の能力は、チンパンジーにもありますが、ヒトもチンパンジーも生後2カ月で能力は消えてしまいます。そのあとがヒトとチンパンジーの違いです。ヒトはその後、身体全体を使った模倣をするようになりますが、チンパンジーはしません。
 さらに成長が進むと、ヒトは他者の行為をそのまま模倣することはやめて、その行為の意味を理解して行動する『目的志向的行為』が現れてきます。これが現れたということは、『他者は自分とは異なる心をもつ存在』」あることを理解していることを示しています。」
 今の時代、基本的な知識はインターネットでも十分に得られますが、本当の学びは「人対人」で成立し、知識と五感を働かせた体験が有機的につながり、「いつでも使える知識」にすることが大切だと感じました。

大地震や豪雨等の災害に対しての備えについて
 月29日(土)に、西原地域ふるさと協議会が主催し、「災害時における学校と地域の連携」をテーマにワークショップを行いました。ワークショップは参加者が10人前後のグループに分かれ、それぞれのファシリテーター(司会者)を中心にテーマについての意見を交換し、模造紙に出た意見の柱を構造化して、発表し合うという「学び」のかたちです。

 当日は各町会・自治会の代表、十余二小・西原小・西原中の各校長、流通経済大学付属柏校の教頭が参加し、活発な意見交換がありました。災害(大地震や豪雨等)が発生後、3時間以内に学校内に対策本部が設置され、住民の避難や避難所設置を検討します。当初は校長を中心として動きますが、校長は早期の学校再開の検討も行う必要があるため、その運営を徐々に行政の担当者や地域の代表者へ任せていきます。少なくとも3日後には学校での授業を再開していくことが大切であるという話し合いの結果になりました。

 災害は起きてほしくはありませんが、絶対に起きないとはだれもが言えない状況ですので、今から備えておくことが欠かせないと思います。また実際に昨年の西日本でおきた集中豪雨災害では、その危険を知らせて町内を走りまわったり、泥かきなどの復旧の作業に中学生が大活躍をしたと聞いています。生徒にはまずは自分の命を自分で守り、次にできるところから自分の体を使ってほしいと話しています。


 

お知らせ2

特別教室を中心にエアコン設置工事をしています

 これまで普通教室の他は第一音楽室のみエアコンが入っていましたが、下記の教室に合計5基のエアコン設置のため、先週から業者の工事が始まりました。残念ながら1学期中は完成しませんが、夏休み明けの9月から使用する予定です。

 第一技術室 第二わかば 第二家庭科室 第一美術室 4階学習室


7月5日(金) 授業公開・保護者会のご案内
 13:20~  受付(生徒玄関)
 13:35~14:25 授業公開(各教室)
 14:30~14:45 帰りの会 
 14:45~15:15 保護者会全体会(体育館)
 15:30~      学級懇談会(各教室)

授業参観(授業者・授業のめあて)R1 第3回授業参観学習課題.pdf


ヒトは「身体」を介して他者から学習する存在です
 京都大学教授の明和政子氏は著書「共同養育が人類のスタイル」の中で次のように言っています。

 「模倣、つまりマネすることは、ヒトの知性と文化を成立させるために極めて重要な能力です。マネすることは、効率の良い知識・技術の習得方法であり、ヒトの文化の特徴と言えます。新生児は生まれながらに他者の表情を模倣する能力をもっていて、これは『新生児模倣』と呼ばれます。『新生児模倣』の能力は、チンパンジーにもありますが、ヒトもチンパンジーも生後2カ月で能力は消えてしまいます。そのあとがヒトとチンパンジーの違いです。ヒトはその後、身体全体を使った模倣をするようになりますが、チンパンジーはしません。
 さらに成長が進むと、ヒトは他者の行為をそのまま模倣することはやめて、その行為の意味を理解して行動する『目的志向的行為』が現れてきます。これが現れたということは、『他者は自分とは異なる心をもつ存在』」あることを理解していることを示しています。」
 今の時代、基本的な知識はインターネットでも十分に得られますが、本当の学びは「人対人」で成立し、知識と五感を働かせた体験が有機的につながり、「いつでも使える知識」にすることが大切だと感じました。


大地震や豪雨等の災害に対しての備えについて
 6月29日(土)に、西原地域ふるさと協議会が主催し、「災害時における学校と地域の連携」をテーマにワークショップを行いました。ワークショップは参加者が10人前後のグループに分かれ、それぞれのファシリテーター(司会者)を中心にテーマについての意見を交換し、模造紙に出た意見の柱を構造化して、発表し合うという「学び」のかたちです。

 当日は各町会・自治会の代表、十余二小・西原小・西原中の各校長、流通経済大学付属柏校の教頭が参加し、活発な意見交換がありました。災害(大地震や豪雨等)が発生後、3時間以内に学校内に対策本部が設置され、住民の避難や避難所設置を検討します。当初は校長を中心として動きますが、校長は早期の学校再開の検討も行う必要があるため、その運営を徐々に行政の担当者や地域の代表者へ任せていきます。少なくとも3日後には学校での授業を再開していくことが大切であるという話し合いの結果になりました。

 災害は起きてほしくはありませんが、絶対に起きないとはだれもが言えない状況ですので、今から備えておくことが欠かせないと思います。また実際に昨年の西日本でおきた集中豪雨災害では、その危険を知らせて町内を走りまわったり、泥かきなどの復旧の作業に中学生が大活躍をしたと聞いています。生徒にはまずは自分の命を自分で守り、次にできるところから自分の体を使ってほしいと話しています。


6月28日(金)の登校時間帯の安全確保について
 27日の夕方、熱帯低気圧が台風3号に変わったことで、明日の28日朝にかけて、風が強く降水量が増える予想が出ています。特に生徒の登校時間帯にピークとなることも考えられますので、明日の朝の部活動は活動中止とします。
 また風雨が強い場合には、ご家庭の判断で生徒を自宅に待機させ、安全が確認されたら登校させる等の処置をお願いいたします。


「学び続ける力」にとって欠かせない学級集団
 日本の学校の授業について、早稲田大学の河村茂雄教授は、次のように言っています。
 「学級を1つの単位として集団での一斉授業を展開することが主になる日本の学校教育では、児童生徒の学習は個人的な過程であるとともに、学級集団の影響を強く受ける社会的なものである。 (途中略) 学級集団が教育環境として児童生徒が互いに建設的に切磋琢磨するような状態と、相互に傷つけ合い防衛的になっている状態とでは、児童生徒個々の学習意欲や学習活動には大きな差が生じ、それが学力の定着の差につながる可能性が考えられる。 (途中略 )学級担任制度の学級に所属する小学生は、中学生よりも学級集団の状態の影響をより受ける可能性が高いことが明らかにされた。」

 教員はわかりやすい授業を目指して日々教材研究(何をどのように教えて生徒にどこで深くかんがえさせるか)に努めていますが、授業を児童生徒の良好な学びの時間にするためには、学習集団である学級の状態を良好にしていく必要があり、休み時間や給食、清掃活動等の生徒の様子を観察し、気になることがあるときには、直接声をかけたり複数の教員で見守るようにしています。

 


「学び続ける力」にとって欠かせない自制心

 セルフコントロール(自制心)に関して有名な話があります。それは一般的に「マシュマロ実験」と呼ばれています。

 「マシュマロ実験」は1960年代後半から1970年代前半にかけて、アメリカのスタンフォード大学の心理学者・ウォルター・ミシェル氏が実施したもので、マシュマロを使って子どもたちの自制心と将来の社会的成果の関連性を測ることを目的としていました。
 実験には4歳の子どもたちが数百人が被験者として参加し、子どもたちは一人ずつ、マシュマロ1個と机とイスだけがある部屋に通されました。実験者は「私が帰ってくるまでの15分の間、マシュマロを食べるのをがまんしたら、マシュマロをもう1つあげる」と子どもたちに告げて部屋を去り、その後の子どもたちの行動を観察しました。
 その結果、実験者が戻ってくるまでがまんをし通して2個目のマシュマロを手に入れた子どもは3分の1ほどで、追跡調査の結果、マシュマロを食べなかったグループの子どもは後に自分自身を成長させ、思いとおりの人生を歩んでいることが判明しました。

 つまり自制心が働くことで、少し難しい学習でもあきらめずにとりくんだり、スポーツや芸術に関しても粘り強く自分が納得するまで追求するなど、自分の未来の姿を想像し、成功に至るまでのプロセスを構想し、強い意志で実行する力が身についてくるのです。

 すべてに対して「学び続ける力」には、自制心がそれを支えています。今後も学校でもそれを意識した指導はしていきますが、ご家庭でも同じようにお子様を支援してほしいと思います。


「学校における働き方改革推進本部」を文科省が設置しました
 学校における働き方改革をすすめるにあたっては、国が本腰を入れて取り組むとしており、その柱は学校や教員が担う業務の明確化・適正化をはかりつつ、長時間勤務を是正していくことにあります。またそれにより、今まで以上に生徒としっかりと向き合い、教員本来の業務である「授業」に専門性を発揮し、教員がやりがいをもって働き続けられることが最終的には生徒にとっての「学びの環境」を整えていくことにつながります。

本校の教員の勤務時間は、8時05分から16時35分(途中45分の休憩時間を含む)となっておりますが、実際には多くの教職員が毎日、朝の7時台には出勤し、部活が終了して生徒が下校する夕方6時すぎまで勤務しています。つまり部活動(朝や放課後)の練習は教員の勤務時間外で行っているものです。しかし生徒の安全確保の面からもできる限り練習にはつくようにしています。

また休憩時間の45分も「労働基準法」では、本来まったく業務はしない(勤務場所から離れることも含む)ことになっていますが、教員は授業がない時間でも授業や行事の準備、生徒の生活ノートへのコメント書きを行っています。

保護者や地域の皆様方には、是非その実情をご理解いただき、今後もご支援を賜りますようお願いいたします。


オリンピック聖火リレーが柏の葉公園にきます
 今日で来年の東京オリンピックまでちょうど400日前になりました。1964年以来の56年ぶりの日本での開催(前回の聖火リレーは佐原、成田、千葉、市川を経由し、柏市は通っていない)で、すでにチケット販売も始まっているようです。
 この世紀の祭典が身近に感じられる聖火リレーが、2020年(令和2年)7月4日の午後、県立柏の葉公園内(柏市の「道の駅しょうなん」から我孫子市の「手賀沼公園」のルートからつながる)を通過することが先日決定しました。
 聖火リレーのコンセプトは「希望の道をつなごう」で、さらなる詳細はこれからですが、西原中の学区内にある公園での大イベントですので、今から大いに期待しています。


今日から短期留学生として女子生徒が学んでいます
 本日から来月の19日(1学期終業式)までの1か月、アメリカのロサンゼルスから来日している、ナリセ・ナガサトさんが2年5組で授業を受けます。ナリセさんは現地校の中学3年生ですが、アメリカでは小学校が5年生までしかなく、その後中学校1~3年、高校1~4年と続くので、アメリカに戻ると夏から高校生に進学するそうです。英語はもちろん、日本語も上手で漢字検定三級を取得するなど、優秀なバイリンガルです。また明日、明後日の期末テストもみんなと一緒に受けるなど、その前向きさには驚かされます。彼女にとっても本校生徒にとっても有意義な日々になることを願っています。

6月20日(木)、21日(金)の1学期期末テストについて
 生徒はテスト範囲表を参考に準備をすすめています。20日は「国・数・社」、21日は「理・英・保体」の3教科ずつで行います。
R1 1学年1学期末.pdf R1 2学年1学期期末試験 範囲表.pdf R1 3学年1学期期末テスト対策表(3年).pdf




緊急時の連絡及び相談窓口について
 先日からお知らせしていますが、来週の17日(月)から、ウィークデーの夜7時から朝7時及び土曜日・日曜日の終日は、学校の電話を音声ガイダンスで対応させていただきます。教員が疲労を抱えたままでなく、毎日元気に次の日の仕事に意欲をもって臨めることが、最後は生徒たちの為にもなるとの狙いがあります。
 ただし留守番電話機能はついておりませんので、教育委員会から別紙のとおり、緊急時の連絡先等の周知の依頼がありました。このことについての文書を本日に配付しました。ご理解とご協力をお願いいたします。
190614 緊急時の連絡及び相談窓口について(西原中).pdf
190614 相談窓口一覧.pdf



ちょっと良い話
 6月6日(木)は部活動なしで生徒は一斉下校でした。16時頃、匿名の女性から学校に次のような電話がありました。
 「農協前あたりでおじいさんが倒れていました。下校途中の西原中の男子生徒6~7名が近寄り、声をかけました。すぐに救急車を呼び、身内の方に連絡をするなどの救助活動をしていました。素晴らしい生徒さんたちです。褒めてあげてください。」
 その後、18時半頃、救助された方のご家族の方から電話がありました。
 「91歳の父が転んでケガをして大量の出血をしていたところ救急車を要請してもらい、父はその後流山中央病院で手当を受けて、自宅に帰ってきました。彼らに感謝の気持ちをお伝えください。」
 本校生徒の勇気と思いやりのある行動に、夕方の職員室は何とも言えないあたたかい雰囲気につつまれました。
 翌日、校長室にて当該生徒のみなさんに当日の様子等の詳細を聞きました。困っている方に対し、自然と手を差し伸べたことを聞き、中学生の素直さを実感しました。


2学年林間学校について
 来週の2学年林間学校(山梨・富士山&西湖方面)の主な日程です。
6月9日(日)  6:25 生徒集合完了・出発式
         7:00 学校発(バス5台に乗車・談合坂SAで休憩)
        10:30 現地着・登山開始(富士山五合目~宝永火口)
        17:00 宿舎着(ホテルくるわび)
        19:05 キャンプファイヤー(儀式・フォークダンス)
6月10日(月) 8:05 宿舎発(富士樹海洞窟探検へ:案内ガイド付き)
        12:15 富士ミルクランド着(昼食・酪農体験)
        16:25 宿舎着(ホテルくるわび)
        17:00 学年レク
6月11日(火) 9:30 ほうとう作り体験(野外炊飯場・体育館)
        11:30 宿舎発
        11:45 いやしの里根場着(伝統工芸体験)
        14:20 現地発(バス5台に乗車・談合坂SA休憩)
        16:55 京北ロイヤル前着(到着後そのまま解散)


音声ガイダンス使用開始について
 このことについての文書を6月3日(月)に配付しました。尚、本校としましては、下記の柏市教育委員会教育長からの通知に基づいて実施しますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
190530 【学校配付】音声ガイダンス文書 .pdf
190529 【委員会配付】音声ガイダンス文書 .pdf

 

お知らせ1

修学旅行第1日目 62日(月) について その3 

今日の天候は一日中くもりで、時より小雨も降りましたが、この時期にしては気温30度を大きく下回り、おかげで体調を崩す生徒も少なく、比較的元気に夕方6時半までに宿舎(ステーションホテル京都)に戻ってきました。奈良公園や伏見稲荷は学生や外国人でごったがえしており、班によっては昼食を満足にとれないこともありました。そこで7時からの夕食はすき焼きですが、しっかり食べることでしょう。

 明日は一日京都市内班行動です。

修学旅行第1日目 62日(月) について その2

 京都ではそのまま近鉄京都・奈良線の特急に乗り換え、11時に薬師寺に到着しました。

 薬師寺では若いお坊さんの言葉巧みな説法を全員が静かに聞き入っていました。特に、人間は学んで知識が多くなるほど、目の前の出来事をそのまま受け取らず、自分なりの解釈を優先させる、つまり素直さが欠けてくるというくだりが印象的でした。またすべてのことは「当たり前」ではなく、必ず誰かの努力や支えがあることを意識すべきとも話していました。生徒の神妙な顔つきからそれぞれ何かを感じ取っているようでした。

 その後は奈良公園方面(東大寺や興福寺、春日大社)、京都方面(宇治平等院、伏見稲荷、東寺)に分かれての班行動でした。

修学旅行第1日目 62日(月) について その1

 早朝5時半に流山おおたかの森駅で班ごとにチェックを受け、東京駅に向かって出発しました。日曜日とあって、通勤の方々はほとんどいませんでしたが、駅のホームや車内でのマナーを守り、さすが西原中3年生という行動でした。

 東京駅丸の内南口の地下で点呼をし、出発式を行いました。西原中の他に数校の中学生も同じように整列していましたが、ここでも他校に迷惑をかけることなく、淡々とスケジュールをこなし、スムーズに新幹線に乗車しました。

 新幹線は団体専用列車でしたが、西原中は運の良いことにグリーン車が割り当てられ、シートが2列でゆったりし、足も十分に前に伸ばせる環境でした。8時前に東京駅を出発、途中名古屋駅に一時的に停車した(ドアはあかない)のみで、京都駅に10時過ぎに到着しました。生徒達はおやつを食べたり、カードゲームをしたりと思い思いに過ごしていました。


音声ガイダンス使用開始について
 このことについての文書を月曜日に配付します。尚、本校としましては、下記の柏市教育委員会教育長からの通知に基づいて実施しますので、ご理解とご協力を
お願いいたします。
190530 【学校配付】音声ガイダンス文書 .pdf
190529 【委員会配付】音声ガイダンス文書 .pdf



3学年修学旅行について
来週の3学年修学旅行(奈良・京都方面)の主な日程です。
6月2日(日)  5:30 流山おおたかの森駅集合(班別行動で東京駅へ)

7:05 出発式(東京駅丸の内南口地下通路)
         7:47 東京駅発(のぞみ301号)
        10:05 京都駅着(近鉄奈良線へ乗り換え)

11:15 薬師寺着

12:30 薬師寺発(奈良方面班別行動へ)
        18:00 宿舎着(ホテルステーション京都本館)
6月3日(月)  8:00 宿舎発(京都市内班別行動へ:市内フリーパス使用)

16:45 嵐山レストラン集合(夕食)

18:45 河村能楽堂(能体験学習・見学)
        20:15 宿舎着(ホテルステーション京都本館)
6月4日(火)  8:00 宿舎発(京都市内クラス別行動:バス使用)
        12:30 ハトヤ瑞宝閣着(昼食)
        14:02 京都駅発(のぞみ362号)
        16:20 東京駅着(バスで学校へ向かう途中に車内で帰りの会)
        17:30 西原中着(ケイホクロイヤル前下車後解散)

 

通学路における登下校中の生徒の安全確保について
 28日(火)の朝からの報道にありますように、神奈川県で発生した無差別殺傷事件では、小学生をふくむ尊いいのちが奪われました。心よりご冥福をお祈りいたします。
 以前から生徒には不審者等から身の安全をまもるために、危険を感じたら近くの大人にたすけをもとめるとか、商店や知らない家でも逃げ込むなどの話はしていますが、ご家庭でも具体的な回避行動について話し合いをおねがいします。

来月より一部の時間帯で「音声ガイダンス」が始まります
 以前から教員の多忙化(長時間労働)についてはあちこちで議論されていましたが、今年度4月から国の「働き方改革関連法」が施行され、その実質的な対応策が求めらています。
 そこで柏市教育委員会より、来月の中旬以降、市内小中学校において一斉に、教員の勤務時間外の電話対応を音声ガイダンス(音声のみのご案内で留守番電話機能はなし)での対応とする旨の通達がありました。詳細は後日、文書を配付いたしますが、趣旨のご理解と取り組みへのご協力をお願いいたします。

5月としては記録的な猛暑
 先週末の金曜日から30度を超える「真夏日」が続いており、これで4日連続ということになると「史上初」になります。生徒たちもまだ暑さに慣れていないため、体調を崩しやすくなっています。
 予定では来月からエアコンを使用しようと考えていましたが、本日から教室内の温度が28度を超えた段階(柏市の規定)で、適宜エアコンを稼働していきます。
 本日は職員の会議があるため放課後の部活動はありません。生徒の下校は15時15分となります。ご家庭での見守りをお願いします。また明日以降、水分補給のための水筒を持たせてください。

おめでとうございます!
 5月24日(金)、2年2組担任の萠抜亮介教諭に、男児が誕生しました。令和に入ってすぐのお祝いになりました。健やかな成長をお祈りいたします。

5月21日(火)の登校時間帯の安全確保について
 柏市防災安全課より情報提供がありました。
 現時点の予報では、本日深夜から次第に風雨が強くなり、明日の10時~13時にかけピークとなり、最大1時間に20ミリの雨が降る可能性があります。明日の生徒の登校は安全を優先するようにお願いします。今以上に予報が悪化した場合のみ、すくすくメールを流します。

自転車の安全走行について
 本校生徒の3分の1以上が自転車を使用して通学しています。新年度に入り大きな事故は発生していませんが、朝や放課後をみていますと、スピードを出している姿もみかけます。
 学校でも日頃から安全指導をしておりますが、中学生の事故の最大原因は、安全不確認や一時停止・動静不注意などです。「自分だけは大丈夫・・」「車の方が避けてくれるはず・・」等の思い込みをしないようにご家庭でも声かけをお願いします。

*朝から約200台の自転車が整然と並んでいます。

衣替えの移行期間について
 本日合同帰りの会で、生徒には明日から気候や気温等を考慮して自分で判断し、夏服・冬服のどちらで登下校しても良いという説明をします。
 またその中で保護者あての文書を配付しますので、ご確認ください。衣替えについてのお願い(夏).pdf

5月17日(金)の1学期中間テストについて
 テスト範囲表を参考に準備をすすめてください。当日は「国・数・英・理・社」の順で行います。
R1 1学年1学期中間範囲表.pdf R1 2学年1学期中間範囲表.pdf R1 3学年1学期中間範囲表.pdf




5月13日(月)の尿検査について
 本日配付します尿検査の一式(容器、紙コップ、袋)をご確認いただき、13日(月)の朝の尿の採取と提出を忘れないようにお願いいたします。

5月10日(金) 授業参観・部活動保護者会のご案内
 13:20~      受付(生徒玄関)
 13:35~14:25 授業参観(各教室)
 14:40~15:10 部活動保護者会1(全体会:体育館)
 15:20~16:00 部活動保護者会2(分科会:各教室)*当日ご案内します。
 16:00~      部活動見学(活動場所)
授業参観(授業者・授業のめあて)一覧H31第2回授業参観学習課題.pdf

5月8日(水)~9日(木)住居確認について
 本年度は長い連休もあり授業時数確保のため、例年の「家庭訪問」を「住居確認」に代えさせていただきます。本日と明日の午後、担任が自宅を確認してまわりますが、保護者の在宅の必要はありません。もし偶然いらっしゃれば挨拶程度はさせてもらいますが、不在でも下のような簡単なメモをポスト等に入れさせてもらいますので、ご了承願います。

2019.5.1
 本日より、「平成」から「令和」へと改元されました。令和の時代が平和で実り多きことを願います。
 内閣官房長官から、御即位当日に祝意を表すために国旗を掲揚するように要請がありました。曇り空でしたが、日の丸がたなびいていました。

 天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位が同時に行われるのは約200年ぶりのことであり,憲政史上初めてのことです。国民として御即位に祝意を示すための祝日・休日となりますので,祝日の意義について,お子様とお話しくださるようお願いします。
 参考 今年度は,5月1日を「天皇の即位の日」,10月22日を「即位礼正殿の儀の行われる日」として祝日となります。また,休日法・国民の祝日に関する法律の制定に基づき,4月30日及び5月2日も休日となります。



10連休中の過ごし方について
 きまりや約束を守って、規則正しい生活を送ることができるよう、御家庭での見守りをお願いします。また、公園や道路などはみんなが使う場所です。マナーを守り、自転車の運転は安全を優先するなど、楽しい生活を送れるようお声かけをお願いします。
 なお、交通事故や不審者等の情報は、すみやかに110番へ連絡し、その後学校への情報提供をお願いします。

2019.4.26
 
本日、市内小中学校の教員一斉研修会のため、3時間授業(給食無しの下校)となります。尚、明日からの10連休に関し、合同帰りの会を行い、不審者対策や交通安全等の指導を行います。連休中に万が一、事件・事故等がありましたら、ご連絡ください。
 11:30~11:45 帰りの会(各教室)
 12:00~12:15 合同帰りの会(体育館)
 12:00~      下校
 
4月25日(木) 授業参観・保護者会・PTA総会のご案内
 12:45~      受付(生徒玄関)
 12:55~13:45 授業参観(各教室)
 14:00~14:30 保護者会(全体会:体育館)
 14:45~15:15 各学年・学級懇談(体育館&各教室)
 15:30~16:00 PTA総会(図書室)


  授業参観(授業者・授業のめあて)一覧 H31第1回授業参観学習課題.pdf
 2019.4.15
 
4月17日(水)~18日(木)で実施予定の1学年宿泊研修(千葉県立手賀の丘少年自然の家)について、ご心配をおかけしましたが、別紙のように安全確認できましたので、予定通り行います。 平成31年4月15日.pdf

2019.4.4
 
「平成31年度(令和元年度)教育課程」をアップしました。上方の「学校経営」をご参照ください。年間授業時数等を示しています。

2019.4.3
 
「平成31年度(令和元年度)学校経営グランドデザイン」をアップしました。上方の「学校経営」をご参照ください。創立41周年目の重点を示しています。

2019.4.2
 
「平成31年度(令和元年度)年間行事予定」をアップしました。上方の「年間計画」をご参照ください。ただし、多少変更になることもありますので、ご了承ください。

2019.4.1
 
平成31年度(令和元年度)始めにあたり、新しく19名の職員が転入しました。全校生徒には、正式に4月5日(金)の着任式で紹介します。よろしくお願いいたします。 辞校式・着任式(転退職・転入職員一覧)2HP用.pdf
 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

お知らせ2

特別教室を中心にエアコン設置工事をしています

 これまで普通教室の他は第一音楽室のみエアコンが入っていましたが、下記の教室に合計5基のエアコン設置のため、先週から業者の工事が始まりました。残念ながら1学期中は完成しませんが、夏休み明けの9月から使用する予定です。

 第一技術室 第二わかば 第二家庭科室 第一美術室 4階学習室


7月5日(金) 授業公開・保護者会のご案内
 13:20~  受付(生徒玄関)
 13:35~14:25 授業公開(各教室)
 14:30~14:45 帰りの会 
 14:45~15:15 保護者会全体会(体育館)
 15:30~      学級懇談会(各教室)

授業参観(授業者・授業のめあて)R1 第3回授業参観学習課題.pdf


ヒトは「身体」を介して他者から学習する存在です
 京都大学教授の明和政子氏は著書「共同養育が人類のスタイル」の中で次のように言っています。

 「模倣、つまりマネすることは、ヒトの知性と文化を成立させるために極めて重要な能力です。マネすることは、効率の良い知識・技術の習得方法であり、ヒトの文化の特徴と言えます。新生児は生まれながらに他者の表情を模倣する能力をもっていて、これは『新生児模倣』と呼ばれます。『新生児模倣』の能力は、チンパンジーにもありますが、ヒトもチンパンジーも生後2カ月で能力は消えてしまいます。そのあとがヒトとチンパンジーの違いです。ヒトはその後、身体全体を使った模倣をするようになりますが、チンパンジーはしません。
 さらに成長が進むと、ヒトは他者の行為をそのまま模倣することはやめて、その行為の意味を理解して行動する『目的志向的行為』が現れてきます。これが現れたということは、『他者は自分とは異なる心をもつ存在』」あることを理解していることを示しています。」
 今の時代、基本的な知識はインターネットでも十分に得られますが、本当の学びは「人対人」で成立し、知識と五感を働かせた体験が有機的につながり、「いつでも使える知識」にすることが大切だと感じました。


大地震や豪雨等の災害に対しての備えについて
 6月29日(土)に、西原地域ふるさと協議会が主催し、「災害時における学校と地域の連携」をテーマにワークショップを行いました。ワークショップは参加者が10人前後のグループに分かれ、それぞれのファシリテーター(司会者)を中心にテーマについての意見を交換し、模造紙に出た意見の柱を構造化して、発表し合うという「学び」のかたちです。

 当日は各町会・自治会の代表、十余二小・西原小・西原中の各校長、流通経済大学付属柏校の教頭が参加し、活発な意見交換がありました。災害(大地震や豪雨等)が発生後、3時間以内に学校内に対策本部が設置され、住民の避難や避難所設置を検討します。当初は校長を中心として動きますが、校長は早期の学校再開の検討も行う必要があるため、その運営を徐々に行政の担当者や地域の代表者へ任せていきます。少なくとも3日後には学校での授業を再開していくことが大切であるという話し合いの結果になりました。

 災害は起きてほしくはありませんが、絶対に起きないとはだれもが言えない状況ですので、今から備えておくことが欠かせないと思います。また実際に昨年の西日本でおきた集中豪雨災害では、その危険を知らせて町内を走りまわったり、泥かきなどの復旧の作業に中学生が大活躍をしたと聞いています。生徒にはまずは自分の命を自分で守り、次にできるところから自分の体を使ってほしいと話しています。


6月28日(金)の登校時間帯の安全確保について
 27日の夕方、熱帯低気圧が台風3号に変わったことで、明日の28日朝にかけて、風が強く降水量が増える予想が出ています。特に生徒の登校時間帯にピークとなることも考えられますので、明日の朝の部活動は活動中止とします。
 また風雨が強い場合には、ご家庭の判断で生徒を自宅に待機させ、安全が確認されたら登校させる等の処置をお願いいたします。


「学び続ける力」にとって欠かせない学級集団
 日本の学校の授業について、早稲田大学の河村茂雄教授は、次のように言っています。
 「学級を1つの単位として集団での一斉授業を展開することが主になる日本の学校教育では、児童生徒の学習は個人的な過程であるとともに、学級集団の影響を強く受ける社会的なものである。 (途中略) 学級集団が教育環境として児童生徒が互いに建設的に切磋琢磨するような状態と、相互に傷つけ合い防衛的になっている状態とでは、児童生徒個々の学習意欲や学習活動には大きな差が生じ、それが学力の定着の差につながる可能性が考えられる。 (途中略 )学級担任制度の学級に所属する小学生は、中学生よりも学級集団の状態の影響をより受ける可能性が高いことが明らかにされた。」

 教員はわかりやすい授業を目指して日々教材研究(何をどのように教えて生徒にどこで深くかんがえさせるか)に努めていますが、授業を児童生徒の良好な学びの時間にするためには、学習集団である学級の状態を良好にしていく必要があり、休み時間や給食、清掃活動等の生徒の様子を観察し、気になることがあるときには、直接声をかけたり複数の教員で見守るようにしています。

 


「学び続ける力」にとって欠かせない自制心

 セルフコントロール(自制心)に関して有名な話があります。それは一般的に「マシュマロ実験」と呼ばれています。

 「マシュマロ実験」は1960年代後半から1970年代前半にかけて、アメリカのスタンフォード大学の心理学者・ウォルター・ミシェル氏が実施したもので、マシュマロを使って子どもたちの自制心と将来の社会的成果の関連性を測ることを目的としていました。
 実験には4歳の子どもたちが数百人が被験者として参加し、子どもたちは一人ずつ、マシュマロ1個と机とイスだけがある部屋に通されました。実験者は「私が帰ってくるまでの15分の間、マシュマロを食べるのをがまんしたら、マシュマロをもう1つあげる」と子どもたちに告げて部屋を去り、その後の子どもたちの行動を観察しました。
 その結果、実験者が戻ってくるまでがまんをし通して2個目のマシュマロを手に入れた子どもは3分の1ほどで、追跡調査の結果、マシュマロを食べなかったグループの子どもは後に自分自身を成長させ、思いとおりの人生を歩んでいることが判明しました。

 つまり自制心が働くことで、少し難しい学習でもあきらめずにとりくんだり、スポーツや芸術に関しても粘り強く自分が納得するまで追求するなど、自分の未来の姿を想像し、成功に至るまでのプロセスを構想し、強い意志で実行する力が身についてくるのです。

 すべてに対して「学び続ける力」には、自制心がそれを支えています。今後も学校でもそれを意識した指導はしていきますが、ご家庭でも同じようにお子様を支援してほしいと思います。


「学校における働き方改革推進本部」を文科省が設置しました
 学校における働き方改革をすすめるにあたっては、国が本腰を入れて取り組むとしており、その柱は学校や教員が担う業務の明確化・適正化をはかりつつ、長時間勤務を是正していくことにあります。またそれにより、今まで以上に生徒としっかりと向き合い、教員本来の業務である「授業」に専門性を発揮し、教員がやりがいをもって働き続けられることが最終的には生徒にとっての「学びの環境」を整えていくことにつながります。

本校の教員の勤務時間は、8時05分から16時35分(途中45分の休憩時間を含む)となっておりますが、実際には多くの教職員が毎日、朝の7時台には出勤し、部活が終了して生徒が下校する夕方6時すぎまで勤務しています。つまり部活動(朝や放課後)の練習は教員の勤務時間外で行っているものです。しかし生徒の安全確保の面からもできる限り練習にはつくようにしています。

また休憩時間の45分も「労働基準法」では、本来まったく業務はしない(勤務場所から離れることも含む)ことになっていますが、教員は授業がない時間でも授業や行事の準備、生徒の生活ノートへのコメント書きを行っています。

保護者や地域の皆様方には、是非その実情をご理解いただき、今後もご支援を賜りますようお願いいたします。


オリンピック聖火リレーが柏の葉公園にきます
 今日で来年の東京オリンピックまでちょうど400日前になりました。1964年以来の56年ぶりの日本での開催(前回の聖火リレーは佐原、成田、千葉、市川を経由し、柏市は通っていない)で、すでにチケット販売も始まっているようです。
 この世紀の祭典が身近に感じられる聖火リレーが、2020年(令和2年)7月4日の午後、県立柏の葉公園内(柏市の「道の駅しょうなん」から我孫子市の「手賀沼公園」のルートからつながる)を通過することが先日決定しました。
 聖火リレーのコンセプトは「希望の道をつなごう」で、さらなる詳細はこれからですが、西原中の学区内にある公園での大イベントですので、今から大いに期待しています。


今日から短期留学生として女子生徒が学んでいます
 本日から来月の19日(1学期終業式)までの1か月、アメリカのロサンゼルスから来日している、ナリセ・ナガサトさんが2年5組で授業を受けます。ナリセさんは現地校の中学3年生ですが、アメリカでは小学校が5年生までしかなく、その後中学校1~3年、高校1~4年と続くので、アメリカに戻ると夏から高校生に進学するそうです。英語はもちろん、日本語も上手で漢字検定三級を取得するなど、優秀なバイリンガルです。また明日、明後日の期末テストもみんなと一緒に受けるなど、その前向きさには驚かされます。彼女にとっても本校生徒にとっても有意義な日々になることを願っています。

6月20日(木)、21日(金)の1学期期末テストについて
 生徒はテスト範囲表を参考に準備をすすめています。20日は「国・数・社」、21日は「理・英・保体」の3教科ずつで行います。
R1 1学年1学期末.pdf R1 2学年1学期期末試験 範囲表.pdf R1 3学年1学期期末テスト対策表(3年).pdf




緊急時の連絡及び相談窓口について
 先日からお知らせしていますが、来週の17日(月)から、ウィークデーの夜7時から朝7時及び土曜日・日曜日の終日は、学校の電話を音声ガイダンスで対応させていただきます。教員が疲労を抱えたままでなく、毎日元気に次の日の仕事に意欲をもって臨めることが、最後は生徒たちの為にもなるとの狙いがあります。
 ただし留守番電話機能はついておりませんので、教育委員会から別紙のとおり、緊急時の連絡先等の周知の依頼がありました。このことについての文書を本日に配付しました。ご理解とご協力をお願いいたします。
190614 緊急時の連絡及び相談窓口について(西原中).pdf
190614 相談窓口一覧.pdf



ちょっと良い話
 6月6日(木)は部活動なしで生徒は一斉下校でした。16時頃、匿名の女性から学校に次のような電話がありました。
 「農協前あたりでおじいさんが倒れていました。下校途中の西原中の男子生徒6~7名が近寄り、声をかけました。すぐに救急車を呼び、身内の方に連絡をするなどの救助活動をしていました。素晴らしい生徒さんたちです。褒めてあげてください。」
 その後、18時半頃、救助された方のご家族の方から電話がありました。
 「91歳の父が転んでケガをして大量の出血をしていたところ救急車を要請してもらい、父はその後流山中央病院で手当を受けて、自宅に帰ってきました。彼らに感謝の気持ちをお伝えください。」
 本校生徒の勇気と思いやりのある行動に、夕方の職員室は何とも言えないあたたかい雰囲気につつまれました。
 翌日、校長室にて当該生徒のみなさんに当日の様子等の詳細を聞きました。困っている方に対し、自然と手を差し伸べたことを聞き、中学生の素直さを実感しました。


2学年林間学校について
 来週の2学年林間学校(山梨・富士山&西湖方面)の主な日程です。
6月9日(日)  6:25 生徒集合完了・出発式
         7:00 学校発(バス5台に乗車・談合坂SAで休憩)
        10:30 現地着・登山開始(富士山五合目~宝永火口)
        17:00 宿舎着(ホテルくるわび)
        19:05 キャンプファイヤー(儀式・フォークダンス)
6月10日(月) 8:05 宿舎発(富士樹海洞窟探検へ:案内ガイド付き)
        12:15 富士ミルクランド着(昼食・酪農体験)
        16:25 宿舎着(ホテルくるわび)
        17:00 学年レク
6月11日(火) 9:30 ほうとう作り体験(野外炊飯場・体育館)
        11:30 宿舎発
        11:45 いやしの里根場着(伝統工芸体験)
        14:20 現地発(バス5台に乗車・談合坂SA休憩)
        16:55 京北ロイヤル前着(到着後そのまま解散)


音声ガイダンス使用開始について
 このことについての文書を6月3日(月)に配付しました。尚、本校としましては、下記の柏市教育委員会教育長からの通知に基づいて実施しますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
190530 【学校配付】音声ガイダンス文書 .pdf
190529 【委員会配付】音声ガイダンス文書 .pdf